INIT

Infomation

 気象庁ヨーロッパ中期予報センターアメリカ海洋大気庁が発表する各数値予報モデルを利用した天気図を表示しています。 表示要素は、海面更生気圧(等圧線)と、降水量(表示時刻の前6時間積算)です。
 画像の更新は1日4回です。(3時、9時、15時、21時)

GSM

 GSM(Global Spectral Model)は、気象庁が発表する気象予測モデルです。 地球全体を予測の対象とし、台風や高低気圧等、数日~1週間先の日本の天候に影響を与える現象を予想します。
 3時及び15時発表は132時間先まで、9時及び21時発表は246時間先までを予測します。

ECMWF

 ECMWF(European Centre for Medium-Range Weather Forecasts)は、イギリスに本社を置く国際気象機関です。 数値天気予報など様々な気象データを配信しています。ここではECMWFが発表する「open data」を使用しています。
 3時及び15時発表は90時間先まで、9時及び21時発表は240時間先までを予測します。

GFS

 GFS(Global Forecast System)は、アメリカ海洋大気庁が発表する天気予報モデルです。 GSMと同じく、地球全体を予測の対象とし、数日~1週間先の現象を予想します。
 3時、9時、15時、21時に384時間先までを予測します。